FC2ブログ
妻と妻の両親とわ・た・し
右を見ればイタリアンゴリラ、左を見ればドイツ魔女。日本人奴隷が迷い込んだ不思議なネバーランド!!こんな家族、あなたはご存知ですか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外へ行く理由。。。
外国にいく理由

私がドイツに旅立ったのは、語学習得を目標に、日本とは違った文化に触れてみたいという誠実な想いからであった。

私の義理の親父 ジョゼッペは、1972年からドイツに生息。

彼も彼なりになにか理由があってドイツに来たのだろうと思い、食事のときにふと聞いてみると




ジョゼッペ「話せば長くなる」と一言



ジョゼッペ、

この男、鼻から下にすべての毛髪力を集中させ、見事にあたまだけを禿げさせた痛快剛毛男



ひとは彼のことをアフガンの聖戦士タリバンと見間違える

よく街でアラブ人に

①アラブ語で話しかけられるイタリア人ジョゼッペ

②アラブ語で拝まれるイタリア人ジョゼッペ

③アラブ語で抱きしめられるイタリア人ジョゼッペ

そして税関では

①念入りに検査される我が家のジョゼッペ

②誘拐犯の容疑をうけ、実の娘が保護されるという侮辱をうける我が家のジョゼッペ(実話)



そんなジョゼッペが

話せば長くなる・・・・と。



よ~し

聞いてやろうではないか

その長い話とやらを・・・








シト「で、何でドイツに来たの?」


















ジョゼッペ「それが実は・・・デブ売春婦から逃げてきた・・・」




シト「売・春・婦・・・?」


デブ? 売春婦? 逃げてきた? このジョゼッペ、イタリアでいったいデブ売春婦となにをしていたのか気になるところだが、それはまたいつかってことで・・・

banner_01.gifクリックお願いします・・・

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
海外に移住するのって並大抵の決意は要らないかもしれないけど、それなりの理由がないとしないしね~。でもアラブ人に間違われると昨今は大変ねー。
2007/03/06 (火) 04:57:39 | URL | ペケ #-[ 編集]
>ペケさん
はい、かなりたいへんです・・・(悲)
2007/03/07 (水) 20:30:17 | URL | シト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 妻と妻の両親とわ・た・し all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。