妻と妻の両親とわ・た・し
右を見ればイタリアンゴリラ、左を見ればドイツ魔女。日本人奴隷が迷い込んだ不思議なネバーランド!!こんな家族、あなたはご存知ですか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古城ホテル3
晩餐会

優美な貴婦人たちが華やかなドレスに身を纏い

崇高な騎士団長を盛大に迎えてくれる宴


私シト騎士団長

ニヒルという言葉を独り占めにした男


彼が食卓につくやいなや

宴は始まった・・・

晩餐会



見てください。この盛大さ!

客がいません!

私騎士団長をむかえいれたのは





無愛想なひげチョビドイツ人一人

我々二人のもてなしはこのおっさんで十分てことか・・・



そして最初に出てきたオードブルは




村のスーパーで買ってきたスモークサーモンに

胡椒をふって

サラダを盛り合わせたもの。




「こんなの私でもできる」と一言我が妻




つぎに

電子レンジで暖めたかぼちゃスープ

まずい





メインは子豚のステーキか

ガチョウの煮物の究極の選択





我々、子豚はかわいそうだからほかのをくれとちょび髭にたのんだらガチョウが来た・・・

ガチョウ



本当にまずい・・・





ジョゼッペの怒りのイタリアンで

高貴かつぜいたくに育った私の胃には



とってもヘビー


とにかく

この晩餐会を飾ったヒーローは


このちょびヒゲウェイター


ワインもしっかり注げないだめおやじ


とくにこの明治時代にはやったカイゼル髭が

鹿鳴館の「文明開化だ、めざめよ日本!!」を気取って


妙に詐欺っぽい。


今夜の夢に出てきそうだ。



デザートはコメントの仕様がないほどまずい
>なぜか皿がすごく暖かい・・・



一日騎士団長最後のオツトメ



それは









キッチンの残飯整理なのか・・・・





こうして

私たちの


華やかな


残飯会は幕を閉じた・・・


banner_01.gif
暴れるなジョゼッペ・・・ クリックお願いします・・・
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 妻と妻の両親とわ・た・し all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。