妻と妻の両親とわ・た・し
右を見ればイタリアンゴリラ、左を見ればドイツ魔女。日本人奴隷が迷い込んだ不思議なネバーランド!!こんな家族、あなたはご存知ですか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖母キティマリア♪
妻 マリア
聖母マリアと同じ名前


その心清き彼女


ハローキティーのことになると



きちがい





になる



家の中あちこちにキティちゃんグッズを置き
キティちゃん用品を一緒になって使っている私を見ては
快楽に浸っている


これを我家では





キティ害







と呼ぶ



そんなキティ害の被害が拡大したのが昨日のこと

それはまるでキティマリア菌が私の大腸を侵蝕しているかのような不快感



三拍子ですので見落とさないように・・・














えっ?


koreha



ええっ??



これは2






えええ~~~??!




これは3




 

ソラもついに妻のキティグッズのひとつに・・・

banner_01.gifキティをおかずにめしが食える妻にクリックおねがいします・・・


ブログランキング・にほんブログ村へキティソラと毎日散歩することになった私に同情クリックおねがいします・・・



妻をもっと知りたい方
関連エピソード→キティがい?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

メインディッシュ2
毎日豪勢な料理を食べ続けると
たまに家で食べるあっさりとしたお茶漬けがおいしいものです・・・





ライストマトあえ




これなんだと思います?

妻の得意料理のライスサラダではありません。

妻の不得意な料理炒飯でもありません。


わたしも





初めて見ます







妻は




私たちの健康管理は一切妻の手にかかっている




と(いまさら・・・)自覚したみたいで



今朝から



マリア「今日から毎日健康的なものを食べましょう」



とひとりでやる気満々でした。




朝からスーパーに買出しに出かけ

昼ごろから夕飯の支度をし始めたらしく


本気でがんばっていたようです。(妻談)




そして



夕食のテーブルを飾った妻の創作料理が


この


上の写真の



ライスのごちゃ混ぜ料理です。


名前をつけるなら



ライスとぶつ切り野菜のトマトソース和えマリア風



といったところでしょうか。






写真の真ん中でごつごつしている黄色い物体は



ニンジンです。



「ちゃんとニンジン湯がいたのよ」と当たり前のことを誇らしげに語る妻

>湯がいてなくてこの大きさのニンジンが入ってたら離婚考えちゃいます・・・


「どう?おいしいでしょ?」と満面の笑みで聞く妻


>ごはんとトマトソースの味・・・


「結構時間かかったのよ。 野菜切るのが大変で」と恩着せがましく語る妻


>そりゃ時間もかかります。包丁使えないんじゃ・・・


「おいしさの秘訣はね、豆腐が入ってるのよ」とシェフ顔負けの妻の笑み

>おいしさ・・・って、まだおいしいって言ってないんですけど・・・



実際試食してみると


この料理


やはり




塩・コショウしておりません。


味は

トマトソースの酸味と野菜たちの甘みと


妙に


ミスマッチな


豆腐が

大乱闘っといった感じでしょうか。







そこで私は、

妻がなにか?を取りに行ったその隙に

梅雨の大雨並に

塩・コショウをふりかけることに成功



塩・コショウをかけるところを見られたら、

「まずいの?」

と妻は機嫌を損ねてしまいます。


意外に傷つきやすいので苦労しております・・・








戻ってきた妻は


「あとサラダも食べてね。健康にいいんだから」とでかいボールをどかっとテーブルに。


コーンサラダ



このグリーンサラダ、プチトマトとコーンで埋め尽くされております。


しいて言えば


グリーンサラダの生き埋め




そして駄目押しに

「これはデザートよ!」と

シーズン最後のストロベリー

ストロベリー




「健康的だから全部食べてね」と強制的な妻の願い

「サラダもしっかり食べてね」と殺気のこもった妻の笑み

「デザートも残さず食べてね」と有無を言わさぬ妻の呪い









毎日こんな料理を食べ続けると
たまに外で食べる豪勢な料理がおいしいものです・・・


・・・というより






絶対おいしいとおもいます!




でも妻の創作料理、意外と健康的だったりして・・・



まずいけど


banner_01.gif妻の創作料理にクリックお願いします・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ妻の創作料理をたべる子羊にも慈悲クリックお願いします・・・

テーマ:日記 - ジャンル:日記

メインディッシュ
愛妻マリア、調理場のマタドール、ジョゼッペを父にもつ麒麟児


彼女が毎晩料理を作り始めてから

妙に太り始めた

私シト



栄養のバランスが悪いのか

それとも

献立の内容が悪いのか

はたまた

一気に大量にわけのわからないものをつくり、それを一気に平らげる私が悪いのか


よくはわからないが


とりあえず


わけもわからず太り始めたのは事実だ




その対策として私は


仕事のあと一時間室内自転車をこぐことに
(我家にある室内自転車は、マルガリータの三日坊主により埃をかぶっていた代物)




そして


次の日の妻の作る





手料理




に備える



何度も書いてきたが


親父が料理人の癖に


なにも料理を作れない彼女



彼から受け継いだのものは


料理の器量でもテクニックでもなく



頭の小ささ(=脳みそが小さい)



気の小ささ(=でも短気で怒りっぽい)


である



その彼女が昨日


こんなものを作ってくれた


ライス



妻の自慢料理のひとつ



ライスサラダ



見た目から

食欲がそがれる想い



作り方も(ネーミングも)ごく簡単



1 ライスを炊く
2 買ってきたピクルスをみじん切り
3 買ってきたオリーブをぶった切り
4 買ってきたたまねぎをさいころ切り
5 買ってきたウィンナーをぶつ切り
6 それらをひたすら混ぜる




この一品

まったく




味付けされることはない







塩?


ないない!


胡椒??


ないない!





これこそ

素の味・自然の味を引き出した


究極の一品





実際試食してみると





おー






生のたまねぎの辛味と臭み

地中海の香りを漂わせたオリーブの渋みと調和のメロディーを奏で、

どこで漬けられたのかもわからないピクルスの酸味

私の鼻腔をくすぐる









そして






舌の上をごろごろ転がるぶつ切りウィンナーとぱらぱら散らばるライスとのコラボレーション・・・











もぐもぐもぐ・・・・・・











まずっ・・・・



でもしっかり食べてあげるやさしい私・・・

banner_01.gifクリックお願いします・・・


ブログランキング・にほんブログ村へクリックお願いします・・・

テーマ:日記 - ジャンル:日記

洗面所
愛妻 マリアは、整頓きちがいであることは、何回も書いてきた。



その妻が、昨日洗面所を徹底的に掃除した。


徹底的といっても

部屋のすみにはほこり、髪の毛などが「われここにあり」といわんばかりに手をふっている。


では


なにが徹底的なのか??






たんすを開けると



タオルが色ごとに分けられ、きれいにたたまれて置いてある

タオルの大きさも上から下へと大きくなっている


まるでタオルのピラミッド






ドライヤーも同じ向きに横にきれいに並べてある

まるで軍の兵舎でライフルが整然と並べられているように



まてよ、

今まで戸棚にあった妻の化粧道具たちは?





あった!



足元のでかいボックスにすべて収められていた。


まるで武器庫の弾薬ボックスのように





香水やヘアースプレー類は

洗面台の横にあるテーブルに


こちらからきちんと


ラベル



が見えるように


たてられていた




まるでスプレーたちに見つめられているかのような圧迫感






綿棒は、ディズニーシーで買ったゴンドラのケースの中でボンジョルノしてるし

日焼け止めクリームは、キティちゃんBoxとすみで仲良くデートしてるし

私のコンビニで買った鼻毛バサミなど部屋のすみで「汚いわね、あなたはどこかへ行って」といわんばかりにウィリーさせられてるし





ん・・・?



そういえば



私の洗面用具は何処???


戸棚にはなし

風呂場にもなし

トイレの横にもなし

洗面台にもなし


洗面台の横のテーブルにも・・・



あった


ラベルで存在感をかなりアピールしているそのスプレーたちの横で



申し訳なさそうに寝そべっている


私のヘアーワックス


そして


その隣で運命共同体の契りを結んだ


フェースクリーム



その共同体には入るのを拒んで

便器の斜め上で

一生懸命自力で臭みと存在感を出している



私の歯ブラシ


「お前らそこにいたのか~ かわいそうに。今場所変えてやるからな」





と思い立ったそのとき



洗面所の扉が開き



人を見下すような顔して愛妻マリアが入ってきた





マリア「あんた、私の洗面所ぐちゃぐちゃにしないでよね。 あんたの物がいっぱいで整理大変だったんだから・・・ 」




シト「私の物がいっぱい?」






私の物

1.歯ブラシ
2.ヘアーワックス
3.フェイスクリーム
4.鼻毛バサミ






さて

どうやって反論しようかな・・・







洗面所マリア帝国建国記念日・・・兼シト洗面所革命記念日

banner_01.gif妻に非がありとおもったら応援クリックお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へこちらでも革命クリックお願いします

テーマ:日記 - ジャンル:日記

nintendo DS
Nintendo DSを一台購入した我家

ゲームなどにあまり興味のない我家だが





脳をきたえる大人のDSトレーニング

脳年齢を調べるゲーム:実際の年齢よりも若ければ脳内健康








にははまってしまった。




妻マリアを筆頭に


おしゃべり魔マルガリータ



破壊王ジョゼッペ



そして私と



みんながみな



夢中になって



脳年齢の若返り



ちゅうやつを試みる。







若い私たち夫婦は20代をたたき出し


実際の年齢よりも






断然ヤング!!





老人マルガリータとジョゼッペ



精神年齢はかなり若い彼ら



知能指数もそれなりに見合った値




だが脳年齢の結果はそれに反比例して







マルガリータ  70歳
ジョゼッペ   79歳



の超オールド



何回も試すが



結果は変わらず。




原因はどこにあるのかと


追求してみれば・・・






テストの中に

4色の色(青・赤・黄色・黒)が異なった色で書かれていて、それを間違わないように正しく表示された色を答えるテスト
(たとえば黒色できいろと書かれた文字が現れたとき、きいろと答えてず、黒と答える。)


があり、




マルガリータ



あか!



もう一度答えてください



あか!

もう一度答えてください

あか!

もう一度答えてください

あか!

もう一度答えてください

あか!

もう一度答えてください

あか!

あなたの声が認識されません。 画面から30cm離してもういちどお答えください


あか!


もう一度お答えください・・・




と終わりがない



ジョゼッペは、


あきゃ!


もう一度お答えください



あきゃ!



もう一度お答えください




あきゃ!










ジョゼッペはそもそもドイツ語の

「あか」

をしっかり発音できない・・・




あきゃ!

あきゃ!

あきゃ!








あきゃ


じゃないでしょはげおやじ・・・





10分後



彼が怒り任せにnintendoDSをブン投げる前に









没収・・・



ドクター川島さん、ちなみに私の脳年齢は・・・・20歳!

banner_01.gifクリックよろしくお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願いします

テーマ:日記 - ジャンル:日記

なわばり
私が妻を愛しく想うとき

それは・・・







ばら庭園





私の住む街ドイツのボンには、広大なナショナルパークがある。 私たちの家から車で20分くらい走ったところにあり、我家のマダム犬 ソラの散歩コース(縄張り)だ。



7山脈


後ろに見える低い山は7山脈といって、昔白雪姫に登場する7人の小人が住んでいた?らしい・・・


そんな絶景を背景にして

我家のマダム犬 ソラは 縦横無尽に駆け巡る

マダム犬ソラの休息



そしていたるところに彼女の縄張りマークを残す。

何せ、我家の愛犬は、体は小さくとも志は大きく、

このゴルフ場以上にでかい公園を全部彼女の管轄(縄張り)としている。






しかるに





マダムが公園で他の犬を見かけるたびに







ワンワン!!







と警告






マダムが他の犬の縄張りを発見するたびに





シー









とその上からおしっこをかける





彼女が他の犬の排泄物を発見するたびに






くんくん









と臭いをかぎ、相手の健康状態と相手がどんなドッグフードをもらっているのかをチェック







彼女が喧嘩で負けそうになるたびに






くーんくーん








と私の足元の後ろに隠れ






キャンキャン!






と負け犬の遠吠え状態






そんな彼女の縄張り争い


相手は犬だけではない







このナショナルパークでは月に一度

公園全体で蚤市が開催される。




勿論


人間同士でも出店のための縄張り争いは

犬のそれに引けをとらず




一週間前ぐらいから


泊り込みで


店の場所をキープする人もいるくらいの競争率




そんな人間どもを


黙って見過ごすほど


我家のマダム犬は


ばかではない






彼女は


各地の出店場所に張られた


テープの中に入り



店がたつであろう場所のど真ん中に





縄張りビッグマーク






それを見ていた我妻マリア


てっきり除去するのかと思いきや



マリア「まあ、ど真ん中にするなんてソラらしいわね




とコメントを残し


優雅に前を歩く

心もおなかもすっきりしたマダム犬ソラを撫でながら





その場を去る・・・







私が妻を愛しく想うとき

それは

そんなときである・・・





そんな妻、蚤市前日に雨が降ると「場所取りの人かわいそ~」とうれしそうに話す・・・

banner_01.gif
時間があったらクリックしてください

ブログランキング・にほんブログ村へ時間があったらこちらもクリックお願いします・・・

テーマ:日記 - ジャンル:日記

赤いゼラチン
<ドイツで二度と食べることはないであろうケーキ>



イチゴケーキ原型



イチゴとゼラチンのケーキ

マルガリータがどうしても甘いものが食べたいとダダをこねたので、むかついたジョゼッペゴリラは、戒めにこのケーキを注文。


さすがのマルガリータもスウィートマフィンかスポンジ系のケーキを想像していただけにかなりご立腹。

マルガリータ「こんなの食べないわよ」

ジョゼッペ「おい、お前が甘いもの食べたっていったんだろう、食え!」

マルガリータ「でも私が食べたいのはこれじゃない。他のよ、マフィンとかタルトとか・・・」

ジョゼッペ「じゃあ しょうがない。 ほらお前が食え!」
と私の愛妻マリアの前に皿を差し出す。

マリア「なにこれ、きもい。 いらない。」と打算的な妻はあっさり拒絶。

ジョゼッペ「いいよ、返してくるから!! 貸せ!」と半切れ状態のゴリラ。



照明のライトをほんのり逆反射しながら、はげ頭ジョゼッペ席を立とうとする・・・




マルガリータ「もう、わかったわよ。食べるから頂戴!」


同情したマルガリータ


マルガリータ「まったく、このケーキ本当においしくなさそうね。とくにこのゼラチンの塊・・・」


ジョゼッペ「ゼラチンはコラーゲンたっぷり。 美容にいいんだぞ。」


マルガリータ「そうね、じゃあ食べるわ。 どんどん若返るわ!」と重力に逆らうこともなく少したれたぷよぷよな頬肉を震わせて食べる


ジョゼッペ「とくに動物の皮や筋や骨からとれたゼラチンだからなおさらだ!」とにんまり。

マルガリータ「・・・・・









イチゴケーキ




イチゴだけをきれいにとって食べたマルガリータ

美容よりも動物愛護の心を貫いたマルガリータ






そして

食べ終わった彼女の不満げな顔は、





さらに10年老けてみえた・・・




我家はただいま前進中・・・

banner_01.gif暇でしたらクリックお願いします・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ暇でしたらこちらもクリックお願いします・・・


テーマ:日記 - ジャンル:日記

花のマルガリータ
妻の母 マルガリータ

困ったことに
おしゃべりが大好きで、一度話し始めると、
聞き手が顔をしかめるまで永遠に話し続ける

まさにおしゃべり魔


人はそんな彼女のことを魔ルガリータとも呼ぶ



そんな彼女、

食べられるものが決まっている





乳糖が入っている牛乳を飲むと

きゅうりを食べると

トマトを食べると

ちょっとでも辛いものを食べると

アイスを食べると

生魚を食べると

りんごなど種が入っているフルーツを食べると










下痢をしてしまう








人はそんな彼女のことを マル下痢ータ とも呼ぶ・・・







りんごは、とても健康によく、りんごを毎日食べれば健康に生きれます。りんごひとつで医者いらず。 そしてマルガリータは、りんごひとつで下剤いらず・・・

banner_01.gifクリックお願いします・・・

テーマ:日記 - ジャンル:日記

妻よ・・・
人の心理とは難しいもの

特に妻の心理は、理解しがたいものがある





私の妻は、整頓きちがい

自分の中に既に整理基準というものを設定しており、

その基準に沿って

私たちの部屋は片付けられていく



ひとたび私が妻のために部屋を整理してあげると、

お礼の言葉もなく

私が整理したたんすをひっくり返す大掃除が始まってしまう




ひとたび私が妻を想って掃除機をかけてあげると

お礼の言葉もなく

私が掃除機かけたところをもう一度かけなおす



ひとたび私が妻の手を煩わせまいとおふろをそうじしてあげると

お礼の言葉もなく

光沢のあるバスタブに湯をはって

一番風呂を享受する




そんな妻だから

さすがの私も

部屋の掃除・整理整頓を

妻に任せきりにする





これすなわち




家事の合理化




昨日

妻がいつものように部屋を掃除していた

私はいつものようにコンピュータの前でインターネット



これは本当に日常的なワンシーン



すると妻、

掃除機を片手に


「あなた、掃除手伝ってくれてもいいんじゃないの?」



「わかったよ。あと他にどこ掃除すればいい?」

と私。


「もう全部終わったわよ。」

と妻。

「じゃあ、何で聞くの?」

と私。



「"手伝おうか?"の一言があってもいいんじゃないの?」

と妻。



「でも、手伝ってもすぐに"私が一人でやる"って怒るでしょ」

と私。



「私はあなたの"手伝おうか"の一言が欲しかったのよ!」

と妻。



「・・・・・・その一言だけ?」と私。


「そう、私を気遣ってくれているというその一言だけ」

と妻。




手伝っても嫌がられ

手伝わなくても嫌がられる



たとえ声をかけたとしても

結果は同じことだったはず。




つまり


妻が一人で掃除する






今度から私は


掃除しなくてもいい

整理整頓しなくてもいい




ただただ



妻に気遣いの一言を贈るだけ






「手伝おうか?」







これすなわち





愛情の薄まり


私はしっかり掃除します・・・

banner_01.gif



携帯電話とジョゼッペ
様々な電化・電子製品が小型化していく中

悲しんでいる男が我家にいる





それは

ジョゼッペ




そしてその趨勢に反比例するかのごとく

巨大化しているものが我家にはある




それは

ジョゼッペの親指





彼の親指幅は、約2,8cm

そして

ウィンナーのような親指でにんにくを潰してアレルギーで腫れたときなど



3cmを軽く超してしまう

さらに



化膿して膿がでているときなんてまさにMAX





そんな彼は

イタリア人




言うまでもなく新しいもの好きで

最新の小型化携帯電話・携帯ビデオカメラなどを

気が狂ったように

買い捲る(もちろん愛妻のマルガリータには内緒だが・・・)





この間も

新しい携帯電話を買おうと

お店で携帯電話を試すも


電話番号のボタンが小さすぎて

1,2,4,5,7,8の六つのボタンを


なまこのような親指で


同時に押す始末



5が押したくても


4・・・


6が押したくても



5・・・




3を押したら





電源オフ・・・




どうしても押したい番号が押せないジョゼッペ





それはまるで

大きな幼稚園児が携帯電話で遊んでいるかのような光景

巨大なゴリラがバナナのむき方がわからずにむきになっているような光景









「よ~し、こうなったら・・・」






と、突然小指を奇妙に立ててボタンを押し始めるジョゼッペ












そこまでして


その携帯電話が


欲しいジョゼッペ・・・






でも


どうしてだろう




そんな小指を立ててボタンを器用に押しているジョゼッペが








妙に色っぽくみえるのは・・・・




ジョゼッペに是非ダイヤル式の携帯電話を・・・

banner_01.gif

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 妻と妻の両親とわ・た・し all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。